MCCB 【解決方法Q&A/疑問攻略/経済】


Q&A:MCCBについて? 解決方法/評価

・インバータ一次側運転電流について。 商用回路で運転しているファンをインバータ駆動に替えた場合に そのまま商用と同じ50Hzで運転するとインバータで発生する 変換損失の分だけ効率が悪くなり、一次側電流も若干増加する との認識でいました。 が・・・ ある物件においてインバータに変更した結果、インバータの 一次側電流が30%近く低下したデータが出ています。 本設備は、商用直入4kWのファン (200V 50Hz 10P 負荷率100%時に、電流26.1A、効率82.9%、 力率53.3%)であり非常に効率の悪い電動機を使用しています。 このファンをインバータで商用周波数(50Hz)で運転を行うと、 インバータの二次側電流が26A、一次側電流が16Aになるとの事。 二次側電流はインバータ本体の表示値。一次側電流は計測値ですが、 基本正しいものとの前提として下さい。 ここで皆様のお知恵をお借りしたいのですが・・・ ①インバータの仕様書(三菱電機)を確認するとDCリアクトル設置の 場合力率が0.95まで改善されるとの事。 これはインバータが進相コンデンサを設置したのと同様の効果を発揮し、 一次側電流が減少したものと解釈してよろしいのでしょうか? 極端に力率が悪い電動機を使用している設備ではインバータに 変更しただけで大きな省エネ効果が期待できるとの結論になるので しょうか? もしくは理論的に誤計測としか考えられない現象でしょうか? 上記を踏まえて追加の質問になります。 現在、上記商用直入4kWのファンを8台使っている設備があり、 各々のファンに40ATのMCCB。主幹は300ATのMCCBを設置して おります。この設備を4kWのファンを2台で1セットとしてインバータ化 した場合、 電動機の運転電流から選定して15kWのインバータが4セット必要に なるかと思います。(三菱電機製を選定) その場合、各機器の遮断器の選定は突入電流等を考慮してインバータの 容量からメーカー指定値の100ATを選定しますが、主幹ブレーカーの 選定について悩んでます。 ②初めの質問で、運転電流が1台あたり16A程度になると仮定すると インバータ 1台あたり一次側の運転電流が32A。4台の合計で130 A程度になります。始動電流を考慮しても175ATの主幹ブレーカーで 足りそうですが、この選定で問題無いでしょうか? 実選定は別となると思いますが・・・ 本質問は「教えてgoo」とのマルチポストにしてしまいました。 重複質問にて大変失礼します。よろしくご教授願います。

・既存の電灯盤に、主幹1φ3W MCCB3P350A、CT400/5A、積算電力量計400/5Aが設置されています。 幹線ケーブルはそのまま使用して、主幹のみを1φ3W MCCB3P100Aにする場合、CTや、積算電力量計も見直す必要があります か? 例 ・CT100/5A、積算電力量計100/5Aにする必要がある ・単独計器120Aを使用すれば良い。 ・見直す必要はない。 などと、答えていただくとありがたいです。 宜しくお願いします。

・漏電遮断器のトリップ事象について質問です。 共通の低圧系統からそれぞれのACBを通して、A配電線とB配電線が漏電遮断器(ELB)、降圧用変圧器、各負荷MCCBの順で末端まで繋がっています。 最初A配電線のみ使用しており、何の問題もなかったのですが、B配電線もいかした際、なぜかA配電線の漏電遮断器がトリップします。 A、B共に無負荷の状態で、それぞれどちらかの配電線のみをしている際は漏電遮断器が動作しないので、漏電している訳ではなさそうです。 漏電遮断器(ELB)の動作をまとめると、 ELB(B)on→ELB(A)on→ELB(A)トリップ、 ELB(A)on→ELB(B)on→ELB(A)トリップとなります。 降圧用変圧器ですがA、B配電線ともにY-Δ結線で、低圧側のY結線中性点は接地されており、A配電線側の中性点接地線を外したら上記事象はなくなりました。 やはり接地線による回り込みで漏電遮断器が動作してしまうのでしょうか?

・電気系の質問になります。 太陽光発電などで使用されている、直流のMCCB遮断機の配線について疑問感じました。 なぜ、T相の二次側がS相の一次側に繋がれてるのですか? 直流は交流のよ うに波形の電流ではないので、確実に遮断するため。と聞いたのですが、全く理解できません。 教えてください。

・テスターによる漏電遮断器(MCCB)部の短絡、地絡の調査方法を教えて下さい、よろしくお願いします。

・台風8号通過後に知人の自宅の電気がおかしいと言う事で確認しに行ったところ 主幹ブレーカー単相3線式100/200V MCCB40A 子BL20A×8回路 ある状況でした。 故障状況 電圧測定したところ R-N96V T-N106V R-T206V あり 子ブレーカーBEの絶縁測定したところ 子1.0.07MΩ ~ 子8. 8.5MΩ とおのおの なっていて(子1.以外 すべて1MΩ以上) 主幹ブレーカーのみ ONだと落ちずに 子ブレーカーの比較的絶縁のいいブレーカー1個でもONにすると主幹が落ちる状況でしたの でその場で自分に時間もなかったため恐らく主幹ブレーカーの劣化による寿命だろうと説明し 別の電気工事店を紹介しました。 後になって聞いたところブレーカーを交換してもだめだったらしく 電力引込み一時側にて中性線が断線していた様で家じゅうの家電が故障してしまっていたらしく 大変だったとのことでした・・・・自分の知識不足で安易に主幹ブレーカー故障の判断 をしてしまった事に反省したところです。どなたか一時側での中性線断線している状況での故障診断の方法を教えて頂けませんか宜しくお願いします。

・低圧50kw太陽光で田淵3相9.9kwを使う予定なのですが、いくつかわからないことがあるので教えて下さい。 1.アースは交流集電箱・パワコン以外にパネル(架台)でとる必要はありますか? またアースをとる場合何Ωとればいいのでしょうか?それぞれみんな50Ωで考えています。 2.田淵のパワコンのシステム結線図にMCCBがありますがこれは漏電保護機能ですか? MCCBは50Aみたいです。もしそうであれば「IC=?kA」どのくらい? 違う場合、直流側(パネル側)への過電流保護機能がないということでしょうか? その場合パワコンとパネルの間にそのような漏電ブレーカを付ける必要はありますか? 3.それとも田淵パワコンは直流・交流共に電圧保護方式なので過電流や電流不足などに対する 保護機能がないという解釈でしょうか? 質問多いですが宜しくお願いします。

・ブレーカについての質問です。 ⑴ MCCBの100AF/80ATとは電流を100Aまで流せるけど、80Aでトリップするって 意味では無いのですか? 後、MCCBは過電流保護出来なく、短絡保護用だと聞いたことがあるのですが、上記の 80Aでトリップするなら過電流保護になるのではないのでしょうか? ⑵ NFBはただの入り切りスイッチなんですか? ELBやFAB等色々ありどんな種類があり、使い分けされているのか理解できません。 説明せれているホムペなどありませんか? よろしくお願いします。

・遮断器の選択について 添付画像のように、ELB→MCCBと単線が接続されているものを、右の矢印のように変更します。 その際に、黄色く記した場所がMCCBでいいのかなと思うのですが、ELBにする必要があるのでしょうか? 下の2つのMCCBは、各機械に接続されてるため、分岐前にさらにELBの方がいいのでしょうか? それとも逆に全部ELBの方がいいのでしょうか?

・サーマルリレーについて調べているのですが http://denkinyumon.web.fc2.com/denkisetsubikiki/denjikaiheiki.html によると 過負荷保護のみの1つの動作要素を1E、過負荷保護と欠相保護の2つの動作要素を2Eといいます。 2素子は1E、3素子は2Eとなります。(要素は英語でelementなのでEと表す。) とありますが、MCCB等だと素子のこともELEMENTのEで表して例えば2P2Eなら 2つの線にバイメタルとか渦電流に反応するものが入っていたというふうだったと思います。 なんだか2素子は1E、3素子は2Eという言葉にとても違和感を感じるのですが 結局のところ Eの素子や要素とはどういう意味なのでしょうか? 少々質問がわかりにくいですが、よろしくお願いします

●気になる商品を検索

インバータ商用200V 50Hz 10P一次側電流インバータ駆動効率Q&Aインバータ本体二次側電流商用周波数ファンインバータ一次側運転電流MCCB悪い電動機商用回路商用直入4kW変換損失力率53.3%計測電流26.1A

●気になる話題を検索