MCCB 【解決方法Q&A/疑問攻略/経済】


Q&A:MCCBについて? 解決方法/評価

・急ぎです・・・。 再投稿ですいません。 太陽光(低圧50kW未満)2区画での工事を検討しております。 急遽設計(必要な電線などの選定)をすることになってしまい困っております。 電気工事士二種は持ってはいますが基本現場型だった為設計には乏しくて・・・ 専門の人間にしてもらった方がという返答が出るのもわかっております。 が、最終的には電力会社に検討はしてもらいますのでその間の質問ということでどうかご教示ください。 現段階で1区画4.5kWのPCSを11台設置設置します。 電力会社が引き込みしてくれる最長が10mまで(許容の関係で)とのことで該当敷地の入り口付近に一号柱を置きそこにCT・WHを設置し本来なら集電箱も、と考えていたのですがそこから太陽光設置の敷地までが区画Aが15m区画Bが50mありまして、工事のしやすさを考えると構内柱を区画毎の敷地に設置してそこに集電箱を置きたいと思っています。 そうなった場合にCTから各構内柱までは当初CVT60sqの三相3Sで架空線or埋設で持っていこうと思っておりましたが選定が正しいのか不安になりまして・・・ どなたかお詳しい方の返答をお待ちしております。 補足・・・集電箱内は主幹ブレーカーをMCCB250Aで子ブレーカーを50Aでそこから区各PCSまでを普段はCV8sqをCV14sqで考えております(距離が長いところで45mあるため念の為)各PCSにはモジュールを過積してるため4.96kWになってます。 補足 状況を把握していただいた方で、CVTの架空線か、埋設かでしたらどちらがいいと思われますか?またその場合の適切な施工方法も勉強の為お教えいただけるとありがたいです。

・質問です。 太陽光(低圧50kW未満)2区画での工事を検討しております。 急遽設計(必要な電線などの選定)をすることになってしまい困っております。 電気工事士二種は持ってはいますが基本現場型だった為設計には乏しくて・・・ 専門の人間にしてもらった方がという返答が出るのもわかっております。 が、最終的には電力会社に検討はしてもらいますのでその間の質問ということでどうかご教示ください。 現段階で1区画4.5kWのPCSを11台設置設置します。 電力会社が引き込みしてくれる最長が10mまで(許容の関係で)とのことで該当敷地の入り口付近に一号柱を置きそこにCT・WHを設置し本来なら集電箱も、と考えていたのですがそこから太陽光設置の敷地までが区画Aが15m区画Bが50mありまして、工事のしやすさを考えると構内柱を区画毎の敷地に設置してそこに集電箱を置きたいと思っています。 そうなった場合にCTから各構内柱までは当初CVT60sqの三相3Sで架空線or埋設で持っていこうと思っておりましたが選定が正しいのか不安になりまして・・・ どなたかお詳しい方の返答をお待ちしております。 補足・・・集電箱内は主幹ブレーカーをMCCB250Aで子ブレーカーを50Aでそこから区各PCSまでを普段はCV8sqをCV14sqで考えております(距離が長いところで45mあるため念の為)各PCSにはモジュールを過積してるため4.96kWになってます。

・設計図にて配線用遮断器をMCBと指示した所、MCCBではないかと言われました。確かに正式名称はMCCBのようですが・・・。 サーキットブレーカ(容量やや大きめ200V25kAクラス)をMCBと記載することは間違いなのでしょうか?問題ないのでしょうか? また、MCBでも問題ないというような根拠のようなものがあれば教えてください。 以上、よろしくお願いいたします。

・電流値について 1φ3Wの回路で、主幹MCCB100Aの時 R50A N15A T30Aの測定値でした。 あと何Aまで使用可能でしょうか?

・電気設備について2つ質問があります。 1、電灯回路のMCCBの2次側を開放しても約20ボルトでるのはどうしてですか?(MCCBは壊れていません) 2、200ボルトの動力回路のELCBを検電すると真ん中(S 相)が鳴るときと鳴らないときがあります、なぜですか? 検電器のタイプは接触タイプです。 わかりやすく理論的にご教授願います。

・MCCB225AF200ATの幹線サイズを教えてください。

・インバータ一次側運転電流について。 商用回路で運転しているファンをインバータ駆動に替えた場合に そのまま商用と同じ50Hzで運転するとインバータで発生する 変換損失の分だけ効率が悪くなり、一次側電流も若干増加する との認識でいました。 が・・・ ある物件においてインバータに変更した結果、インバータの 一次側電流が30%近く低下したデータが出ています。 本設備は、商用直入4kWのファン (200V 50Hz 10P 負荷率100%時に、電流26.1A、効率82.9%、 力率53.3%)であり非常に効率の悪い電動機を使用しています。 このファンをインバータで商用周波数(50Hz)で運転を行うと、 インバータの二次側電流が26A、一次側電流が16Aになるとの事。 二次側電流はインバータ本体の表示値。一次側電流は計測値ですが、 基本正しいものとの前提として下さい。 ここで皆様のお知恵をお借りしたいのですが・・・ ①インバータの仕様書(三菱電機)を確認するとDCリアクトル設置の 場合力率が0.95まで改善されるとの事。 これはインバータが進相コンデンサを設置したのと同様の効果を発揮し、 一次側電流が減少したものと解釈してよろしいのでしょうか? 極端に力率が悪い電動機を使用している設備ではインバータに 変更しただけで大きな省エネ効果が期待できるとの結論になるので しょうか? もしくは理論的に誤計測としか考えられない現象でしょうか? 上記を踏まえて追加の質問になります。 現在、上記商用直入4kWのファンを8台使っている設備があり、 各々のファンに40ATのMCCB。主幹は300ATのMCCBを設置して おります。この設備を4kWのファンを2台で1セットとしてインバータ化 した場合、 電動機の運転電流から選定して15kWのインバータが4セット必要に なるかと思います。(三菱電機製を選定) その場合、各機器の遮断器の選定は突入電流等を考慮してインバータの 容量からメーカー指定値の100ATを選定しますが、主幹ブレーカーの 選定について悩んでます。 ②初めの質問で、運転電流が1台あたり16A程度になると仮定すると インバータ 1台あたり一次側の運転電流が32A。4台の合計で130 A程度になります。始動電流を考慮しても175ATの主幹ブレーカーで 足りそうですが、この選定で問題無いでしょうか? 実選定は別となると思いますが・・・ 本質問は「教えてgoo」とのマルチポストにしてしまいました。 重複質問にて大変失礼します。よろしくご教授願います。

・既存の電灯盤に、主幹1φ3W MCCB3P350A、CT400/5A、積算電力量計400/5Aが設置されています。 幹線ケーブルはそのまま使用して、主幹のみを1φ3W MCCB3P100Aにする場合、CTや、積算電力量計も見直す必要があります か? 例 ・CT100/5A、積算電力量計100/5Aにする必要がある ・単独計器120Aを使用すれば良い。 ・見直す必要はない。 などと、答えていただくとありがたいです。 宜しくお願いします。

・漏電遮断器のトリップ事象について質問です。 共通の低圧系統からそれぞれのACBを通して、A配電線とB配電線が漏電遮断器(ELB)、降圧用変圧器、各負荷MCCBの順で末端まで繋がっています。 最初A配電線のみ使用しており、何の問題もなかったのですが、B配電線もいかした際、なぜかA配電線の漏電遮断器がトリップします。 A、B共に無負荷の状態で、それぞれどちらかの配電線のみをしている際は漏電遮断器が動作しないので、漏電している訳ではなさそうです。 漏電遮断器(ELB)の動作をまとめると、 ELB(B)on→ELB(A)on→ELB(A)トリップ、 ELB(A)on→ELB(B)on→ELB(A)トリップとなります。 降圧用変圧器ですがA、B配電線ともにY-Δ結線で、低圧側のY結線中性点は接地されており、A配電線側の中性点接地線を外したら上記事象はなくなりました。 やはり接地線による回り込みで漏電遮断器が動作してしまうのでしょうか?

・電気系の質問になります。 太陽光発電などで使用されている、直流のMCCB遮断機の配線について疑問感じました。 なぜ、T相の二次側がS相の一次側に繋がれてるのですか? 直流は交流のよ うに波形の電流ではないので、確実に遮断するため。と聞いたのですが、全く理解できません。 教えてください。

●気になる商品を検索

Error

●気になる話題を検索